« いじめ 命の大切さを教える子育て 3 | トップページ | 次男3番目 生きるを考える つづき »

2006年10月27日 (金)

次男 3番目 生きるを考える!

この子には特に命のことを話す機会が多かった。
お腹にいるときも、大変だったし、
出産の時私も本人も生きるか死ぬかというほどでした。
逆子ではなく、横の状態で、それまでも何日も陣痛?と思ったら、なくなりが、つづいていました。
病院の検診でそのまま帰れず入院!!
でも、陣痛も弱く、横になっているため、おりてこられないのです。
助産婦さんに頑張ってっといわれて、いきむのですが、全然ダメ!!

自分でもこんなに頑張ったことはないと思います。
もし、これが子どもを産むということでなければ間違いなくやめていたでしょう。
それほど、つらく、体力も限界でした。

緊急帝王切開になるところでしたが、
なんとか、出産!!

でも、内臓に重大な病気をかかえているようで、私の目の前は真っ暗でした。

でも、退院の時(検査に通わなければいけなかったのですが)、

なんと、雲の虹(丸い雲自体が七色の虹になっている)をみたのです。

ほんとに不思議な気持でした。
感動というか・・・・
わたしは、次男を抱きしめて泣いてしまいました。
「この子は絶対大丈夫!!」
確信のようなものが胸の奥から沸いてきました。
ほんとにその後奇跡はおこったのです。

でも、次々と命に関わる問題が彼の上にまきおこりました。

・・・・・・つづく
                  

« いじめ 命の大切さを教える子育て 3 | トップページ | 次男3番目 生きるを考える つづき »

コメント

こんにちは。

私は「お母さんを選んでくる赤ちゃん」という本を読んで、

その父親としては悔しいですが、その本のないようには共感しています。

赤ちゃんたちは、生まれる前に自分でお母さんを選んでくるそうです。

いろいろな体験談を読みましたが、お父さんを選んではこないみたい(^_^;)

だから、いまのJUNKOさんの子供たちはみんなJUNKOさんを選んで生まれてきた子供たちだと、私は思います。

投稿: ほんわか | 2006年10月29日 (日) 21時08分

ほんわかさん
ありがとうございます。
私も、女に生まれてよかったと思ったのは子どもを産んだときです。
それまで女は損だと思ってましたが、
こんな得なことがあるから他のことは我慢しないといけないんだなって・・・・

子どもだって、女は間違いなく自分のこという確信があります。(自分の体内から出てきたのだから)でも、男の人は多分・・・ある意味かわいそうです。(笑)

投稿: JUNKO | 2006年10月29日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109430/3971018

この記事へのトラックバック一覧です: 次男 3番目 生きるを考える!:

« いじめ 命の大切さを教える子育て 3 | トップページ | 次男3番目 生きるを考える つづき »