« リトミックの効果 | トップページ | オーディオ録音 »

2007年3月 8日 (木)

バンドでリトミック

私は、バンドの練習の中にリトミックの手法を
よくとりいれています。
りとみっくが、いいと思うのは、集中力がつくし、
今は、子どもの教育でよく使われているけど、もともと、学生たちののために考えられたもので、始めてから、もっと、早くからした方が効果が、高いということで、子どもにということになっているのです。

あと、コミュニケーションの力もつきます。
しかも、筋肉に勉強させるので、
じぶんが、「できない」ということがわかるのです。

どういうことかというと、今は、情報が多くて、沢山のことを知っただけで、わかった気になってしまう。
そして、できた気にも・・・でもわかったからといって、筋肉はトレーニングさせないとできません。
やってみて、できないんだということが、わかり、それが、できるようになる道なのです。

 音楽はコミュニケーションする手段だし、楽器を演奏する(もちろん歌も)ことは、筋肉を使うことなので、これは、すごく大切です。

音楽やってるのによく、自分が勝手にやってて、ひとに迷惑かけてないという人がいるけど、音楽は、音がでるんだから、その時点で、人に迷惑をかけてるんです。音を出す責任をもとう。(自分にいつも言い聞かせています。)
スポーツと同じ、身体の使い方を考えながら、やろう。ある程度は、からだのつくりとかも知ってた方がいいね。

なにかの運動の上手な子は、今まで全く楽器とかやってなくて、バンド初めても身体の使い方が上手なので、結構飲み込みが早く、すぐできるようになります。

で、りとみっくのやり方を取り入れて、いろんな練習をしてるんですよね。

« リトミックの効果 | トップページ | オーディオ録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109430/5618026

この記事へのトラックバック一覧です: バンドでリトミック:

« リトミックの効果 | トップページ | オーディオ録音 »