« 熟年夫婦でアンサンブル | トップページ | リト研 »

2008年11月 8日 (土)

他の教室から来た生徒

他の教室から来た生徒さんは、

多分どの先生も 生徒さん自身も

かみ合わなくて戸惑うことが多いと思います。

私もそういう生徒さんはやっぱり気を使います。

教え方も全然違うだろうし、

もし、同じテキストを使っても、アプローチの仕方が全然ちがうと思うから・・・

子供と仲良くなるのは得意なので、

まず、前の先生を尊重しつつ、

仲良くなることが先決です。

生徒さんには、得意なことと苦手なことがあって、

どんなに良い先生でも、自分の苦手とすることが

必ず、生徒さんにも伝染します。

これは、私もいつも反省して、

そのために自分の勉強をし続けるわけなのですが・・・

その生徒さんが、うちにきて、私の生徒になって

「おいしいheart02」というところを

私が伝えないとと思っています。

私は、音大出身ではないので、クラシックを深く学んでいません。

なので、クラシックも主に

コード進行コード分析で曲を解釈していきます。

これは、あまり誰もやってないし、

コードを教えているピアノの先生自体少ないので、

このことは、生徒が私の生徒になって

絶対、お得な部分だと思っています。

最近 私の尊敬するピアノランドの樹原涼子先生が、

ピアノの先生もコードを勉強するように、

コードのセミナーを開いたり、

クラシック曲のコード分析のセミナーをしたりして

いらっしゃいますが(ムジカノーヴァにもずっと載ってますよ!!)

MUSICA NOVA (ムジカ ノーヴァ) 2008年 11月号 [雑誌]

これは、私は先にやってたので、

とってもうれしいことのひとつです。

ピアノ・バンド・リトミック 

  JUN音楽教室

« 熟年夫婦でアンサンブル | トップページ | リト研 »

コメント

先生の立場になってもずっと勉強なんです
ね(⊃д⊂)自分の仕事に真剣に取り組んでる
のがかっこええです><!

私のブログはコメ欄ないんですよ(⊃д⊂)

投稿: 家事手伝い | 2008年11月 8日 (土) 08時46分

家事手伝いさん

はい。ずっと勉強です。
でも、だから自分のやりたい仕事を選んでよかったって思います。

投稿: JUNKO | 2008年11月 8日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109430/25128634

この記事へのトラックバック一覧です: 他の教室から来た生徒:

« 熟年夫婦でアンサンブル | トップページ | リト研 »