« 恩師 | トップページ | 電子オルガンで音源づくり »

2008年11月28日 (金)

音のイメージ

10月のローランドマスタークラスで、

横山幸雄氏のセミナーを受けたことをお話しました。

残念ながら、私はクリニックを受けてはいないんですが、

その時先生は、暗譜について質問され

「私は、弾く前に全て指使いまで、決めてしまうから、

ピアノの前に座る時はほぼ、できあがっているんだよ。」

と、おっしゃっていました。

イメージと違う音を鳴らすのが嫌なんだそうです。

私は、樹原涼子先生のピアノランドの考えで

レッスンしてるので、

当然「初めからよい音で・・・・note

と思っています。

自分もなるべくイメージをしっかりつくって

弾くということをこころがけてはいますが、

なかなか・・・・・bearing

でも、きのう、ピアノランド勉強会で、

樹原先生の言葉が伝えられました。

「1回目の演奏レベルをあげること!!

分析することで、1回目の演奏レベルは

ずいぶん上がるはずです。」

がんばります!!

12月1日のピアノランドセミナーでは、

久々に樹原先生ご本人にお会いできますheart02

楽しみだなあ・・・・

« 恩師 | トップページ | 電子オルガンで音源づくり »

コメント

こんにちは。
ホームページ見に来ました!yumiです。
私はついつい音を弾きながらイメージしていこうとしちゃいますが、分析で音の弾く方向性など見えてくるので最近ホントに大切だなと思います。
でも分かっていても音を出した瞬間にちがう!!っと叫びたくなる時がありますが(笑)、一回目の演奏レベルあげる為にも頑張ります★

投稿: yumi | 2008年11月30日 (日) 00時59分

yumiさん

いらっしゃいませ。ありがとうございます。
イメージ大切ですよね。
違う音を鳴らして耳が覚えてしまうのも、
体の筋肉が覚えてしまうのも
まずいですから・・・・
でも、なかなかイメージ通りにしてから
音を出すっていうのは 難しいです。

投稿: JUNKO | 2008年11月30日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109430/25726710

この記事へのトラックバック一覧です: 音のイメージ:

« 恩師 | トップページ | 電子オルガンで音源づくり »