« ついに本物! ピアノランドマスターコース | トップページ | JUN音楽教室 »

2015年3月 3日 (火)

ひな祭り

今日はひな祭りなんですね。

子どもと離れているとこういう事も忘れてしまいがちです。
街の雰囲気もクリスマスやバレンタインデーみたいに賑やかになっているわけでもなく・・・
ただ、毎年思い出すのは母の作ってくれた「おひな様のお寿司」
私が大学になって家を出るまで毎年作ってくれていました。
毎年3月3日は、折り紙で作られたおひな様を飾り、
おひな様のお寿司を食べるのです。
そして母は毎年必ずおひな様を買おうか悩み、私に相談して来るのです。
私が記憶にあるのは小学校も高学年になった時で、
「いらないんじゃない?」って答えてました。
(本当に必要ないと思ってましたから・・)
「そうねえ・・。」
という母の顔がなんだかさみしそうなので、
おひな様がそんなに好きなのだと思っていました。
でも、実は母がおひな様にこだわっていたのは、
自分が好きだからではなかったのです。
私が幼稚園の時、家に帰るなり「私の家だけ、おひな様がない!!」と、
大泣きしたそうです。
幼稚園の先生がひな祭りが近いと言う事で、
「お家におひな様を飾っている人?」と尋ねたそうです。
その時私だけ手を挙げる事ができなかったと言うのです。
私にとってはそんな事は大したことではなかったのでしょう。
記憶にも残っていません。
それなのに毎年その事を気にして、
母はおひな様のお寿司を作ってくれていたのです。
ちなみにケーキもありました(笑)
母のその気持ちを知ったのは、私に子どもができてからです。
一人目は男の子でしたが、長女が生まれてから次の年のひな祭りに、
母は豪華7段飾りを贈ってくれました。

« ついに本物! ピアノランドマスターコース | トップページ | JUN音楽教室 »

コメント

子どもが生まれてからわかる親の気持ち・・・ってありますね。
子どもの言ったことを、ず~っとず~っと覚えていてくれる。
素敵なお話、ありがとうございました!

投稿: | 2015年3月 3日 (火) 12時58分

青さん
コメントありがとうございます。

私も4人の子育てをし、認知症の父を見送りやっと母の気持ちに気づきました。
人の気持ちに寄り添うと言う事はなかなか難しいです。

投稿: JUNKO | 2015年3月 7日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109430/59125926

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭り:

« ついに本物! ピアノランドマスターコース | トップページ | JUN音楽教室 »